対岸の拉麺

私は黙々と拉麺を食べています

食べにいく◆舎鈴 芳醇台湾ラーメン

舎鈴の前を通りかかったら台湾ラーメンやってたので入ってしまった

店内

食券制現金のみ(スイカ対応だったはずなのに、、)

紙エプロンは「ご自由にお取りください」

テーブル下物入れあり

物置カゴも自由に取れる(けど店員さんが出してくれた)

調味料:胡椒 酢 ゆず粉 七味 割スープ

 f:id:tk_e:20200110132021j:image

中太、角麺、全粒粉入りか少し抵抗のある麺

 

スープ

台湾ラーメンのスープって薄めの醤油に辣っぽい辛みがついてるもので、そこそこ再現されてました。

欲を言えば全体的に赤くしてほしかった

味玉は100円でトッピングしました

刻みニンニクがとろんとした感じに混ざっている肉みそ。柔らかく作ってあるので関東人受けしそうでした。

ニラは根のほうが多かったのであんまりおいしく食べられませんでした(私はね 

食後感

 

台湾ラーメンの再現ではあるけど、芳醇とかつけてしまうとハードルが上がっちゃうなと思いました。麺がボソボソめなので名古屋の台湾ラーメンにあるカクカクつるんの触感には遠く及ばず、六厘舎系列の解釈はこんなもんなんだな、と辛口の食後感です

テーブルに備えてある柚子パウダーや七味で味変できて、それがまた味を壊さない程度なのはよかった。

これで800円だったら怒っちゃうけど590円ならまぁそんなもんだなと

 

ごちそうさまでした。